2017年1月から「スイッチOTC薬控除」という、新しい医療費控除の制度が開始されました。

 

スイッチOTC薬ってなに?

スイッチOTC薬という言葉自体初めて耳にする方がほとんどだと思いますが、OTCとは Over The Counter の略でドラッグストアなどで販売されている処方箋無しで購入できる医薬品のことです。

代表的なものですとアレグラやロキソニンSなどが挙げられますが、意外と幅広くあるようです。お店によってはスイッチOTC薬と表記されているところもあるようです。

 

何がお得?

今までも医療費控除はありましたが、支払った金額が10万円の総所得額の5%を超える必要がありましたので、医療費控除は知っているけれども使ったことがあるという方は、それほど多くないと思います。

今回のスイッチOTC薬控除では1年間に1万2千円を超えるスイッチOTC薬を購入した場合は、超えた金額について総所得金額等から控除すると言うものです。(限度は年間の購入金額合計10万円まで)

簡単に申し上げると年間1万2千円以上の薬局・ドラッグストアでかったレシートがあれば確定申告するとお得!というものです。

期間は平成29年(2017年)1月1日~平成33年(2020年)12月31日ですので、薬局・ドラッグストアのレシートは忘れずに取っておきましょう。

 

注意したいポイント

今までよりも身近になるスイッチOTC薬控除ですが、注意点は今までの医療費控除と同時利用が出来ないということです。状況によっては現行の医療費控除を利用したほうが良い場合がありますので、大きな病気をした年などは特によく確認しましょう。

現行の医療費控除とは

 


*公的保険アドバイザーがいる来店型保険ショップのご相談予約*

【お電話でのご予約】受付時間AM9時~PM7時 お日にち・お時間はご相談下さい。

保険クリニック 平塚店:0120-619-929

保険クリニック 飯田橋店:03-3264-8363

メールでのかんたん予約はこちらをクリック(所要時間3分)

国の制度、知らなきゃ損はもったいない!