皆様こんにちは、今回は生命保険の死亡保険金が持っているメリットについてです。

積み立て機能がある終身保険は、学資資金の準備や老後資金などしばしば貯蓄に使われることも多いですが、一番大切な機能はやはり大切な人に遺す死亡保険金です。

死亡保険金の持つ機能をしっかりと理解し契約することで、遺されたご家族の生活を守ることができますので、しっかり覚えておきましょう。

 

生命保険でお金を遺すとどんなメリットがあるんだろう?

 

 

①スムーズに現金化できます

保険金は受取人固有の財産ですので、遺産分割協議を待つことなくスムーズに現金化することができます。

相続が発生してからは、「葬儀費用」「ご遺族の当面の生活費」「納税資金」など様々な場面でまとまった現金が必要になりますが、死亡保険金は不備の無い請求書類が届いてから5営業日ほどで受け取ることが出来ます。

保険会社によって支払いが遅いところがあるの?とご質問を受けることがありますが、契約の際に支払期限を記載している保険会社がほとんどですのでその点は心配ありません。

 

②お金に名前をつけられます

あらかじめ死亡保険金受取人や受け取り割合を指定することで、誰にどのくらい遺すのか、お金に名前をつけて決めておくことができます。

遺すご本人の意思がきちんと反映されて争続(あらそうぞく)が起きにくくなり、円満な遺産分割に役立ちます。

受取人は、一般的には被保険者の3親等以内の血族の方を設定できますが、条件を満たせば婚姻関係では無い内縁の妻・夫を受取人にすることもできますので、遺された人のことを考え、お金に名前をつけておくと良いでしょう。

 

③相続税の非課税枠があります

契約者と被保険者が同一で、死亡保険金受取人が相続人の場合、死亡保険金には「生命保険金の非課税枠」を活用できる場合があります。

非課税の金額は500万円×法定相続人の人数で計算できますので、相続対策をしたいという方は、まずこちらから始めましょう。

 

死亡保険金非課税枠の具体例

 

生命保険は亡くなった方からの『ラストラブレター』と言われております。

今まで挙げたメリットもありますが、契約する方の気持ちを乗せてお渡しできるのが生命保険です。

皆さまの大切なお金、『誰に』『何の為に』遺すのか良く考えて検討したいものですね。

 

生命保険にはめいっぱい気持ちを込めましょう。

 

 

*公的保険アドバイザーがいる来店型保険ショップの無料相談予約*

【お電話でのご予約】受付時間AM9時~PM7時 お日にち・お時間はご相談下さい。

保険クリニック 平塚店:0120-619-929

保険クリニック 飯田橋店:03-3264-8363

メールでのかんたん予約はこちらをクリック(所要時間3分)