死亡保険は加入した本人が受け取るわけではございません。

残された人が経済的に困らないようにするために入る保険ですから当然、守るべき人や理由がなければ入る必要はないわけです。

たまに年齢が若いうちに入ったほうがお得というセールス話法を聞くかもしれませんがそれも注意が必要ですね。

本格的に死亡保障が必要になるのは子供が生まれてからです。

そして加入時、必要保障を計算するとき忘れてはいけないのが遺族年金。

これはすでに皆様が準備済みの公的保障で、死亡保障の効果があります。遺族年金を無視して生命保険に加入してしまうといわゆる<かけすぎ>になってしまうわけです。

遺族年金の金額は年金定期便で確認できますので、詳しく知りたい方は保険クリニック平塚店・飯田橋店までお問い合わせ下さいませ。

平塚店 店長・齋藤